オオカミの遠吠え大会
9月15日(日) 19時53分

 深い山々に囲まれた東吉野村で一風変わった大会が開かれました。 東吉野村は絶滅したニホンオオカミが最後に捕獲された場所です。その縁の地で、3年前からオオカミの生態を紹介し、オオカミへの誤解や偏見を解く活動をしている台高山脈ニホンオオカミ森の会が資料の展示を行っています。そこで初めて行われたのが…。オオカミの遠吠え大会。その場にいた人が審査員となり最もオオカミらしい遠吠えをした人に3点を上限に点数を入れ、最も多くの点数を獲得した人が優勝です。そして第1回の優勝は三郷町から参加した女性で、夫の応援に来て飛び入りで参加した人です。「夫オオカミへの情熱で僕の方がまだ足りなかった。」「妻完璧だったです。会心の出来でした。オオカミは好きなのでずっと好きだと思います。」

続きをよむ

ޗǃer@LINEAJEg