特別な年の特別な学習の日 測量体験学習
10月3日(火) 19時00分

 安堵町立安堵中学校では創立70周年を記念して、生徒たちが測量の技術を体験する特別な授業を受けました。

 測量体験学習は国土地理院や県測量設計業協会が協力して行われたもので、生徒たちは社会基盤づくりに欠かせない測量や地図がどのように進歩しているかを学びました。そして、70周年を機に校庭に設けた緯度と経度の位置を示す標識がお披露目され、体験学習の記念として残ることになりました。測量は三次元のレーザースキャナーを使って情報を短時間で取り込めるようになっています。また、GPSを利用すれば地上で身長を測れるほど精密になっていて、生徒たちは最新の技術に興味津々の様子でした。学習の締めくくりは測量機器を使い、グラウンドに拡大して描いた学校の校章です。特別な年の特別な学習の日に、生徒たちは楽しい思い出をつくっていました。