衆議院選挙の公示まで1週間…選挙準備進む
10月4日(水) 18時00分

 衆議院選挙の公示まで1週間を切りました。県内の各市町村では、選挙にむけて準備が進んでいます。

 橿原市にある県市町村会館で開かれたのは、各市町村に設置された選挙管理委員会の委員長らを集めた会議です。今回の衆院選は、解散から公示までの期間が短く、短時間で準備をすることが必要です。さらに、奈良県では選挙区の区割りが変更され、4つあった選挙区が3つになって行われる初めての選挙です。会場に集まった各市町村の担当者は、選挙事務を進めていくための日程に加えて、有権者が投票する際の注意点や選挙事務の変更点などを確かめていました。

県選挙管理委員会 中川清孝委員長「今回の選挙は非常にあわただしい選挙、しかも国政にとって大事な選挙と認識していますので、有権者のみなさんには、関心をもって必ず選挙の日には、投票してください」

 衆議院選挙は、来週の10日火曜日に公示され、22日日曜日に投開票が行われます。