葛城市でアートイベント開催
11月4日(土) 19時00分

 葛城の魅力を発信するアートFAIRが、當麻寺などを会場に開かれています。

 この催しは、国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭の一環として開かれているものです。歴史ある寺やギャラリーなどにアート作品を飾ることで、葛城市の魅力を発信することが狙いです。
 古民家や寺など合わせて11の会場には、全国から公募で集まったおよそ240点の作品が展示されています。このうち、當麻寺・奥院には葛城をテーマにした絵画や写真などが並び、訪れた人たちは趣ある寺の風景とアート作品とのコラボレーションを楽しんでいました。また中之坊霊宝殿では、貴重な宝物とともに個性あふれる作品を見ることができます。
 このほかワークショップも開かれていて、親子らがキャンバスに絵を描き、立体的に仕上げる作品づくりに挑戦していました。

参加した親子は―
「楽しかった絵を描くのが面白かった」「塗るところが楽しい」
「初めて来たんですけど、子どもの作品もあるし、大人の作品もあって、なんかいいなぁと思って見ていました」

 このアートFAIRは、あすまで開かれています。