奈良県版図柄入りナンバープレート決定!
11月7日(火) 19時14分

 国の制度に基づき、車のナンバープレートに奈良県らしい図柄を導入する事業で、奈良県の審査会はきょうデザイン案を決定しました。

 これが、奈良県版図柄入りナンバープレートに決まったデザイン案です。シカや五重塔、桜や紅葉などがあしらわれています。県では、これまでに応募があった39の案について一般の意見を聞いたうえで、上位の作品を選び、ナンバーが見やすいかどうか、そして商標権に問題がないかなどチェックをしていました。きょうはその結果、残った6つの案が審査の対象となりました。委員からは、シンプルかつ奈良らしいもの、そして多くの世代に好まれるデザインが良いなどさまざまな意見が出たものの、最終的に一般からの人気の高さも考慮し決定しました。今後、39市町村の同意を得たうえで、デザインを正式に決定し、国土交通省に報告することにしています。

荒井知事「奈良の要素、大事な要素が入っている たくさんの人がこれをプレートに採用していただければありがたい 県庁は、公用車はすべてこのプレートにしようかと考えています」

 奈良県版の図柄入りナンバープレートは、来年10月ごろに交付が始まる予定です。