小学校や地域を見学 移住・定住ツアー
11月8日(水) 18時39分

 地域の魅力を発信し定住人口などの増加につなげようという取り組みが、奈良県奈良市内で行われました。

 これは、日常生活を送る場所として奈良の魅力を感じてもらおうと、奈良市が今年度からはじめた試みです。
 参加者は富雄地域の小中一貫教育校を見学。中学生が小学生に本を読んで教えるなどのコミュニケーションがうまれることや、9年間に及ぶ長い視点で教育できることが説明されました。そして、中学生を教える音楽の教諭が小学2年生を教える授業を見学しました。

参加者は―
「娘夫婦が北海道からこちらに来るので自然が豊かで給食もおいしいこの学校は(子育てに)良いと思います」

 また、参加した人たちは校区の住宅地を歩いて見学した後、地域で実際に子育てをする母親たちと交流。買い物や交通事情など実体験を基にした地域の生活情報を聞きながら、移住への参考にしていました。