ふるさと奈良の集い
11月9日(木) 18時36分

 首都圏在住の奈良にゆかりのある人たちが一堂に集まり、交流を深める催しが昨夜東京で開かれました。

 今年で10回目を迎えたこの「ふるさと奈良の集い」。今回は、首都圏で活躍する奈良県出身者らおよそ260人が集まり、故郷の話に花を咲かせました。まず荒井知事が「リニア中央新幹線の誘致を成功させ、県を活性化させたい」と抱負を述べました。続いて、東京奈良県人会会長のまつ本俊洋さんが「今後も県人会の活動を盛り上げ、会員数を増やしていきたい」と挨拶しました。最後に、川上村産のスギを使用したバイオリン演奏が今回東京で初披露され、会場は大いに盛り上がりました。