普及・促進目指して 全国木材産業振興大会
11月9日(木) 18時36分

 国産の木材の普及を目指した大会が、きょう奈良市のなら100年会館で行われました。大会には全国から約800人の木材産業の関係者が集まりました。そして、全国木材組合連合会・会長の吉条良明さんが、「海外の高品質な木材の生産は日本にも通ずるものがある。一層のブランド力の向上を目指していこう」と挨拶。参加者は国産の木材の需要の拡大や業界の活性化に向け決意を新たにしていました。