依水園の紅葉が見ごろ
11月10日(金) 19時16分

 朝晩がめっきり涼しくなる中、奈良を代表する日本庭園である依水園(いすいえん)では、紅葉が見ごろの時期を迎えています。

 依水園は江戸時代から明治時代に整備された奈良を代表する日本庭園で国の名勝にも指定されています。1万平方mを超える庭園ではモミジやドウダンツツジなどが赤く色づき始めていて、東大寺の南大門や若草山などを借景に取り入れた庭を美しく彩っています。紅葉は和風建築の風情ともマッチし、訪れた人たちは、古都・奈良の秋を満喫しています。依水園の紅葉は、今月いっぱいまで楽しめそうだということです。