奈良高専 学生34人が救急搬送
11月10日(金) 19時25分

 奈良県大和郡山市にある国立奈良工業高等専門学校で、きょう学生寮の学生34人が下痢やおう吐などの症状を訴え、救急搬送されました。郡山保健所などが原因を調べています。

 県広域消防組合によりますと、きょう午前11時30分ごろ「食中毒で、吐き気をもよおしている学生がいる」と奈良高専から119番通報がありました。救急搬送されたのは、学生寮の学生男女あわせて34人で、いずれも下痢やおう吐などの症状を訴えていたということです。全員に意識はあり、命には別状はないということです。学校によりますと、学生寮には124人が入っていて、きょう未明から吐き気などの症状を訴える学生が出てきたということです。学生はきのう夜、同じ夕食を食べたということですが、原因については今のところ分かっておらず、郡山保健所などが調査を行っています。