奈良マラソンで人命救助 感謝状贈られる
12月19日(火) 19時17分

 奈良マラソンでコース沿いにある企業が、人命救助に貢献し感謝状が贈られました。

 人命救助に貢献し、感謝状を受け取ったのは奈良市内にある平井建設です。平井建設は、奈良マラソンのコース沿いに本社があることから3年前から応援と共に会社に設置したAEDをランナーのために使えることを知らせていました。今回は、30代の男性ランナーが心肺停止の疑いで倒れ、平井建設がAEDを提供。素早い対応が功を奏し、病院へ運び込まれた男性はその日のうちに回復し、退院したということです。

平井建設代表取締役専務・平井健嗣さん「AEDをお渡しすると同時に一緒に応援していた歌手の川本三栄子さんに周辺でアクシデントが起こっていることをアナウンスしていただきました それに加えて弊社の社員が人の壁をつくり、2次事故が起こらないように後方のランナーに呼びかけた 3つの要素が功を奏したのではないかと思っています」

県くらし創造部長・桝田斉志さん「今回のような救護のことを念頭において事業所の皆さんにも今一度協力を呼びかけたい 非常に今後の参考になる経験をさせていただいたと思っています」

ޗǃer@LINEAJEg