そろばんはじき初め大会
1月3日(水) 17時30分

 1年のはじめにそろばんの上達を祈願する「そろばんはじき初め大会」がきょう、橿原神宮で開かれました。

 新春恒例の大会は、そろばんを習う人の上達を祈ると共に学習意欲を高めようと、全国珠算教育連盟の県支部が開くものです。きょうは、県内のそろばん教室に通う小学生など約300人が1桁から4桁までの読み上げ算に挑戦し、180センチほどもあるジャンボサイズのそろばんに向かいました。子どもたちは「楽しかった」「目標は6級くらいにいくことです」「5年くらいやっています。目標はそろばん1級に受かることです」と話していました。きょうは指がかじかむほどに寒い1日でしたが、子どもたちは元気にそろばんの玉をパチパチとはじき、上達を誓っていました。