レーシングドライバー・脇阪薫一さんが講演
2月5日(月) 18時42分

 奈良市出身のレーシングドライバー・脇阪薫一さんが、レースの魅力などについての講演を行いました。

 この講演会は、トヨタ自動車が開発したスポーツカー・トヨタ86(ハチロク)などが競う86/BRZレースに奈良トヨペットが、初めて奈良県のディーラーとして参戦するのを機に開かれました。奈良市出身の脇阪薫一さんは、兄の脇阪寿一さんと兄弟レーサーで人気を博し、自身がレースに出るほか、これまで大阪や埼玉などでこのレースへのディーラーの参戦を立ち上げてきました。脇阪さんは「色んな役割のプロが集まることで、成果が掛け算方式に高まっていく」とレースの魅力を語りました。そして、その中でパートナーと呼ばれる社員の役割が非常に大切だとも話しました。奈良トヨペットは、ことし7月のレースから参戦する予定でレースを通じて、社員のパワーアップを目指したいとしています。