依水園 お茶室の特別見学会
2月7日(水) 18時43分

 奈良市にある日本庭園・依水園では、普段は公開されていない茶室の見学会がきょうから始まりました。

 依水園は江戸時代と明治時代に築かれた2つの庭園を昭和のはじめに1つにしたもので、国の名勝に指定されています。
 見学会は、奈良市内で開かれているお茶の催し「珠光茶会」に合わせて普段は見られない茶室を特別に公開しようと始まったものです。明治時代に造られた茶室は、木や竹、土といった自然の素材を組み合わせた数寄屋建築が特徴です。参加した人たちは職員の説明を聞きながらお茶を楽しみ、茶室から見える庭園の風情を満喫していました。

参加者は―
「きょうは初めて中に入れて頂いて本当に各部屋で色んな工夫がなされていて感心して感動しました」
「長崎県佐世保市から 日本を知るのに奈良県を訪れた方が1番分かるのではと、きょう来て感じました」

 この見学会は2月11日まで1日2回開かれ、見学を希望する人は電話での予約が必要です。

ޗǃer@LINEAJEg