ビジコン奈良 決勝大会
2月17日(土) 18時47分

 競争力を持ち成長の可能性のある新しい仕事について、その内容を審査しようという大会が奈良市内で開かれました。

 このビジコン奈良は、世界でも通用できる新しい仕事や人材を育成しようと開かれているものです。奈良市にあるならまちセンターで開かれた決勝大会には、全国から応募のあった185組の提案の中から審査で残った8組が進み、それぞれの提案者が内容について説明を行いました。
 今年度からは、インターネットによって様々なものがつながる仕組み「IoT」部門と「奈良創生」の2つの部門に分かれており、医療や介護、そして農業など幅広い分野のビジネスプランが紹介されました。その結果、IoT部門に応募した桜井市に住む森啓二さんの提案が、1番上位にあたる知事賞を受賞しました。

ޗǃer@LINEAJEg