創価学会 希望の種子展
3月3日(土) 18時29分

 世界の持続可能な開発や発展について考える「希望の種子」展がきょう、十津川村で始まりました。

 これは、創価学会などが作る実行委員会が企画したものです。会場では世界中で差別や民族対立などの問題に取り組む人や、団体の活動が写真などを通して知ることができます。中では、気候変動に警鐘を鳴らす「イヌイット」などの現在の活動に加えて、インド独立を勝ち取ったマハトマ・ガンジーなど過去の偉人も紹介されています。この展示会は、今月5日まで十津川村民ひろばで開かれています。

ޗǃer@LINEAJEg