不退寺のツバキが見ごろ
3月7日(水) 19時00分

 在原業平(ありわらのなりひら)とゆかりの深い奈良市の不退寺では今、侘助椿が見ごろを迎えています。

 不退寺は四季折々に様々な花が楽しめる寺として知られ、境内では背の高い侘助椿がピンク色の花をたくさん付けています。この寺の侘助椿は、花がラッパ状で一重に咲く太郎冠者と呼ばれる品種で、控え目なその姿から古くから茶人に好まれたといわれます。きょうは肌寒い1日でしたが、ひっそりとした境内に時折、参拝者が訪れ可憐な花に見とれていました。
 不退寺の侘助椿は、3月中ごろまで楽しめそうだということです。

ޗǃer@LINEAJEg