大和高田市立図書館「梟の世界」展
3月8日(木) 18時47分

 フクロウをモチーフにした絵画や置物などを集めた展覧会が、いま大和高田市立図書館で開かれています。

 この「梟の世界」展と題した展覧会は、縁起物として親しまれるフクロウを多くの人が集まる図書館に飾ることで幸せを感じてほしいと企画されたものです。本棚の上や壁には、フクロウをモチーフにした彫刻や工芸品など約90点が飾られています。これは、かつて美術教諭を務め高田美術協会理事でもある畔上八寿男(あぜがみやすお)さんが自分が描いた絵をはじめ、教え子が集めた置物などを出品したものです。

高田美術協会理事 畔上八寿男さん
「神秘性と造形性、そんなところにフクロウの魅力があります 図書館に足を運んでいただいて散歩がてらに寄って下さい」

 この展覧会は3月28日まで開かれています。

ޗǃer@LINEAJEg