全国高校選抜 優勝者が知事に挨拶
5月11日(金) 19時00分

 全国高校選抜大会で優勝した自転車と柔道の選手らが、きょう県庁を訪れ荒井知事に報告を行いました。

 県庁を訪れたのは榛生昇陽高校から自転車のトラック競技に出場し優勝した馬越裕之選手と、天理高校から柔道に出場し73キロ級で優勝した中村洸登選手、無差別級で優勝した中野寛太選手です。
 荒井知事は「勉強と合わせて頑張ってください」とエールを送り、選手らは、この結果に満足せず夏のインターハイや将来に向けて練習に励むことを誓っていました。
 なお、馬越選手はロードレースでも好成績を残していて、将来はツールドフランス出たいと話していました。また、中野選手は100キロ超級の国際大会で優勝経験があり、中村選手は今回初めて結果を残し、2人とも活躍が期待されます。

ޗǃer@LINEAJEg