フットサルリーグの試合 県内で初開催
5月12日(土) 20時30分

 奈良県での開催が初めてとなる日本フットサルリーグ=Fリーグの試合がきょう天理市内で行われ、県内のチームも登場しました。

 トップチーム同士の試合に先立ち、エキシビションで名古屋オーシャンズ・サテライトチームに挑んだのは、去年の関西リーグ1部で2位となった県内の強豪、バディフットサルクラブです。試合は序盤からフットサルならではのスピーディな展開で、名古屋がやや押し気味に試合を進めます。しかし、2点を先行した名古屋に対して、バディも意地を見せ、去年のリーグ得点王・濱口選手の2得点で一時は同点に追いつきます。訪れた人たちは、目の前で繰り広げられる目まぐるしい攻防に大きな声援を送っていました。なお、試合は5対2で名古屋オーシャンズサテライトが勝利しています。

ޗǃer@LINEAJEg