奈良県立大学 福井大学と連携協定
5月14日(月) 18時30分

 国際的な人材育成と地域発展を目指して奈良県立大学が福井大学と連携協定を結び、きょう締結式を行いました。

 県立大学と福井大学は両校ともに昨年からアメリカのテキサスA&M大学と交換留学などを行っており、今回国際的に活躍する人材の育成などを目指して連携協定を結びました。福井大学は3年前に国際地域学部が設立され、外国人の日本語教育などに力を入れており、寺岡英男副学長は観光や地域文化に強みを持つ県立大学との交流で教育の幅を広げたいと期待を寄せました。また、県立大学の伊藤忠通学長は、学生に国際的な交流で異文化への理解を深めてほしいと語りました。3つの大学は来年度以降、交換留学や授業を通してグローバルに活躍する人材の育成を目指すということです。

ޗǃer@LINEAJEg