薬師寺の村上管主 女性関係で辞任
5月16日(水) 19時15分

 奈良市の薬師寺は、不適切な女性関係があったとして村上太胤管主が辞任したことを明らかにしました。

 きのう会見した薬師寺によりますと、村上管主は5月14日、「宗教家として不適切な女性関係があった」として近く週刊誌に記事が掲載されることを寺に伝え、辞任を申し出ました。また、薬師寺での活動から退く退山の届けも提出され、寺は受理したということです。

加藤代理
「宗教者として不適切な行為 問題であったといいます 本来は責任を持って指導するべき立場の者がこういったことを起こして申し訳ないと仰っていました」

 村上管主はおととし8月に管主に就任し、任期は来年8月までの予定でした。今後は、加藤朝胤執事長が管主を代行するということです。

ޗǃer@LINEAJEg