グルメ甲子園 高校生が自慢の料理で勝負
6月10日(日) 19時00分

 高校生が奈良の食材を使った料理を販売し、来場者らに一番を決めてもらおうという催しがきょう、大和郡山市で開かれました。

 奈良の新たなグルメを発掘しようと開かれたNARA―1グルメ甲子園。このイベントは、県内の高校生が自分たちで考えた料理を調理・販売し、審査員と来場者の投票で一番を決めようと、日本青年会議所奈良ブロック協議会などが企画しました。県産の食材を使うことと、一皿400円で提供できることが条件です。きょうは11のチームが参加し、大和ポークのソテーや、インスタ映え間違いなしのサラダなど高校生のアイデアが光る一品が勢ぞろいしました。なお、審査員が選んだグランプリには県立高田高校のあんかけにゅうめんが、そして来場者の投票で決定した特別賞には県立高取国際高校のクロワッサンサンドが輝きました。

ޗǃer@LINEAJEg