奈良市のスーパー銭湯 屋根崩落は違法増築
7月10日(火) 19時34分

 おととい奈良市のスーパー銭湯で露天風呂の屋根が崩れ1人が死亡した事故で、屋根が違法に増築されたものだったことがわかりました。

 おととい午後、奈良市押熊町のスーパー銭湯「ゆららの湯」で露天風呂の屋根が崩れる事故があり、利用客の60代の男性が死亡し男性2人が軽いけがをしました。奈良市建築指導課によりますと、屋根と柱を備えた施設は建築基準法の建築物にあたり市などへの申請と確認が必要ですが、その手続きが取られていなかったということです。警察は引き続き事故の原因について調べています。

ޗǃer@LINEAJEg