女子大生の体触った疑い奈良地検の職員逮捕
7月10日(火) 19時36分

 奈良地検の職員が女子大生の体を触ったなどとして、迷惑防止条例違反の疑いできょう逮捕されました。
 
 県の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、奈良地方検察庁の検察事務官・竹本恵章容疑者(37)です。警察によりますと竹本容疑者はきのう午後11時30分頃、近鉄大和西大寺駅のホームで電車を待っていた女子大生の右ひざを触ったほか腰に手を回すなどした疑いがもたれています。その後、同じ電車に乗り近鉄大和八木駅で電車を降りた際に、女子大生が竹本容疑者に声をかけて駅員のもとへ連れて行き被害を訴えたということです。竹本容疑者は「酒を飲んでいたので行動のすべてを覚えていないが、もしかしたら手が当たったかもしれません」と容疑を否認しているということです。職員の逮捕を受け奈良地検は「誠に遺憾であり今後の捜査の状況などを踏まえ適切に対応していきたい」とコメントしています。

ޗǃer@LINEAJEg