カメラを質入れ 奈文研の研究員を起訴
7月11日(水) 19時18分

 奈良文化財研究所の主任研究員が、業務上横領の罪で起訴されました。

 業務上横領の罪で起訴されたのは奈良文化財研究所の主任研究員・大河内隆之被告です。奈良地検によりますと、起訴はきのう付けで、大河内被告は研究に使用するため貸し与えられていたカメラを、勝手に現金7万円で質に入れたとされています。研究員が起訴されたことについて奈良文化財研究所は「捜査中なのでコメントできない」としています。

ޗǃer@LINEAJEg