なら国際映画祭2018
9月21日(金) 18時18分

 映画を通して奈良の文化や歴史などを世界に発信する「なら国際映画祭2018」がきのう開幕しました。

 なら国際映画祭は、映画を通して人と人を結び、奈良の地に新たな文化を創り出そうと2年に1度開かれているものです。オープニングセレモニーの会場となった県文化会館前では、雨が降る中世界中から訪れた映画監督や俳優らがレッドカーペットを歩き、ファンの声援に応えました。なかでも今年、アンバサダーに就任した斎藤工さんの優しさあふれる対応には、ファンたちも大喜びです。そして、セレモニーでは奈良出身の映像作家・河瀬直美さんが高らかに開会を宣言しました。なら国際映画祭は、映画の上映会や製作者のトークショーなど、さまざまな催しが開かれ、9月24日のクロージングセレモニーで幕を閉じます。

ޗǃer@LINEAJEg