がん検診の受診率向上を!
10月10日(水) 17時54分

 きょう、10月10日は県が定める「奈良県がんと向き合う日」です。それにあわせ、がん検診の受診率をあげようという講演会が奈良市内で開かれました。

 約200人が参加した講演会では乳がんにかかった経験があるタレントの山田邦子さんが講師を務め、自らの体験談をもとにがん検診を受けることの大切さを訴えかけました。2年前のデータによると県内の受診率は全国的な目標値である50パーセントはおろか、全国平均にも届いていないのが現状です。また、県内では2015年に4000人を超える人が、がんでなくなり死亡原因の1位となっています。山田さんは、がんは早期発見すれば治療によって命が助かる確率が飛躍的に上がると話し、定期的にがん検診を受けましょうと呼びかけると参加者は聞き入っていました。

ޗǃer@LINEAJEg