県職員の給与引き上げを勧告
10月10日(水) 17時56分

県人事委員会は、きょう、県職員の給与を引き上げるよう求める勧告を行いました。勧告どおりに引き上げられると県職員の給与は5年連続の増加となります。

 きょうは、県人事委員会の音田昌子委員長から荒井知事に勧告書が手渡されました。勧告によりますと50人以上が勤める県内の民間企業113社を調べたところ、月給が割合にして0.18%、金額では672円、県職員よりも民間の給与が上回っていたということです。このため県人事委員会は今年度からの県職員のボーナスを0.05カ月分引き上げるなどして、民間企業との差を解消するよう求めています。勧告どおりに改定されると県職員の毎月の給与は平均年齢42.5歳で37万3704円となります。勧告を受けて荒井知事は「勧告を尊重して実行に移していきたい」とコメントしました。

ޗǃer@LINEAJEg