ベスト8以上へ 大和高田クラブ壮行会
10月22日(月) 18時28分

 来月開かれる社会人野球日本選手権大会に、9年ぶりに出場する大和高田クラブの壮行会がおととい、橿原市内で行われました。

 選手の家族やOBなど、クラブの関係者約330人が出席した壮行会では、まず、応援歌にのって選手が入場しました。大和高田クラブは先月の全日本クラブ野球選手権大会で、前回、決勝で敗れた和歌山箕島球友会を破り、9年ぶり3回目の日本選手権出場を決めました。挨拶に立った大和高田クラブの中井隆男部長はクラブ選手権での選手の活躍を称えるとともに市民の支援に感謝しました。大和高田クラブは地域の複数の企業や個人の支援を受けるクラブチームで、企業チームに比べて練習時間が短く、厳しい環境の中でも一球、一球にこだわって練習に取り組んできました。今年のチームは守備が良く接戦で強いといい、佐々木恭介監督は9年ぶりの晴れ舞台に向け決意を語りました。

「ベテランと新人が合致して優勝することができました 和歌山箕島球友会にリベンジできて、去年の忘れ物をしっかり取り返すことができました 選手全員力を合わせて精一杯お祭りを楽しみましょう 頑張ります」

 前回出場した時のベスト8以上を目指す大和高田クラブ。11月5日の第3試合でJR四国と対戦します。

ޗǃer@LINEAJEg