ホテル建設差し止め求め住民が提訴
12月11日(火) 18時28分

 県が奈良公園の一角の県有地で計画を進めるホテル建設は都市公園法などに違反するとして地元の住民らが、きょう、建設の差し止めなどを求め奈良地裁に訴えを起こしました。

  訴えを起こしたのは奈良市高畑町の住民ら56人です。県は奈良公園の一角にある高畑町の約1・3ヘクタールの県有地にホテルや飲食施設を整備する計画を進めていて、今月中にも工事が開始される見通しとなっています。訴状によりますと住民らは、この計画は都市公園法や古都保存法などに違反し、周辺の歴史的風土と合わないなどとして県に対し建設の差し止めなどを求めています。住民らは今年9月に県に建設差し止めの監査請求を行いましたが却下されていました。提訴を受け、県は「訴状が届いておらずコメントできない」としています。

ޗǃer@LINEAJEg