大神神社 大とんど
1月15日(火) 19時18分

 正月のしめ飾りや古いお札などを焚き上げる大とんどが、きょう、桜井市の大神神社で行われました。

 1月15日の小正月に行われるとんどは、1年の健康と無事を祈る伝統行事です。朝8時に焚き上げが始まると、参拝者から持ち込まれた正月のしめ縄や書き初めに使った書道用紙などが、次々と炎の中に放り込まれていきました。とんどの火で焼いた餅には、無病息災のご利益があると言われていて、竹竿を使って焼いた餅をおいしそうに食べる人たちの姿も見られました。訪れた人たちは、大とんどの炎で冷えた体を温めながら、今年一年を健康に過ごせるよう願っていました。

ޗǃer@LINEAJEg