生駒市 高齢者見守り活動強化へ
1月15日(火) 19時18分

 生駒市は、高齢者の見守り活動をより強化するため、配達事業者などに協力を呼びかける制度を始めることになりました。
 
 これは、配達などで家庭を訪れることが多い事業者が、配達物がポストに残ったままといった異変に気付いた場合、市などに連絡する制度です。今回登録したのは、新聞や牛乳配達、それに食事の配送などを行う36の事業者です。きょう、登録証を交付した小紫市長は、「高齢化のスピードが加速しており、市の職員だけでは対応できない状況です、どんな些細なことでも連絡してください」と協力を呼びかけました。生駒市では、これまで2つの事業者と個別に協定を結んできましたが、見守り活動をより広げるため、制度の導入を決めたものです。市では、今後も随時協力を呼びかけ登録事業者を増やすことで、高齢者が暮らしやすい環境を整えたいとしています。

ޗǃer@LINEAJEg