ビジコン奈良2019決勝大会
1月19日(土) 20時00分

 世界に通用する起業家の発掘や育成などを目指しビジネスプランを競い合うビジコンならの決勝大会が、きょう奈良市内で開かれました。

 今回のビジコン奈良にはAIなどを活用した部門と奈良の地域資源でビジネスの創出を目指す2つの部門があり、全国から161のプランが寄せられました。きょうは審査を経て勝ち残った10組がそれぞれの事業の特徴を説明しました。中には過疎地域の物流や人手不足を解決するためにドローンを有効に活用する方法など独自のアイデアが多くあり、審査員の関心を集めました。この結果、最優秀の知事賞には香芝市の木谷一登さんが耕作放棄地の活用を目指し提案した奈良県産のワインづくりが選ばれました。

ޗǃer@LINEAJEg