森のめぐみであそぼう
1月20日(日) 20時15分

 木の実や小枝など森にあるものを使って子どもたちに遊んでもらおうという催しがイオンモール橿原で行われました。

 県北東部の高原地帯にある県立野外活動センターでは、冬の寒い時期にも体験学習に取り組めることを知ってもらおうと毎年、商業施設でイベントを開いています。きのうときょうはセンターの敷地内で採集されたおよそ20種類の材料を組み合わせて木工作品を作る体験が行われました。大きな松ぼっくりや大小様々なドングリなどを使って、子どもたちは思い思いに作品を作り上げていきます。センターでは、遊びを通して枝や木の実のさわり心地を知ってもらうことはもちろん、人と人とのふれあいも楽しんでほしいとしています。

ޗǃer@LINEAJEg