JAならけん 食と農業の教材本を贈呈
2月19日(火) 18時30分

JAならけんは、きょう、食や農業をテーマにした本とDVDを県教育委員会に贈りました。

JAならけんでは子供たちに食や農業、環境について考えるきっかけにしてもらおうと毎年、本の贈呈を続けています。きょうは、JAならけんの田中稔之代表理事理事長が吉田育弘県教育長へ教材本などを手渡しました。

JAならけん・田中稔之代表理事理事長
「たくさんのものが奈良県で生産されていますので、食の大切さ、農業の大切さをぜひこの教材を通じて学んでいただきたいと思います」

子どもたちからは野菜や果物が、どのように作られているか分かったという感想も寄せられているといいます。教材本は4月に県内の新小学5年生に配布されます。

ޗǃer@LINEAJEg