JAならけん青壮年部通常総代会
4月16日(火) 19時42分

 奈良県の農業の未来を考えるJAならけん青壮年部の通常総代会が、きょう奈良市で開かれました。

 会では、JAならけん青壮年部の岡本祥明部長が、去年、災害が多かったことに触れ「災害に負けない農業を目指したい」とあいさつしました。続いて、経営管理委員会の中出篤伸会長が「農業が寂れれば国も寂れるという気概を持って、改革に取り組んで欲しい」と激励しました。議事では、今年度の活動計画として、所得の増大を目指し農業を通じた地域の活性化を図るなどの基本方針が示され、総代たちは気持ちを1つにしていました。

ޗǃer@LINEAJEg