奈良初 日本卓球リーグビッグトーナメント
4月18日(木) 19時37分

 卓球の国内最高峰・日本卓球リーグの選手たちがシングルス・ダブルスで日本一を決めるトーナメント大会が、きょうから県内で初めて開かれています。

 団体戦ではなく個人のタイトルを争うビッグトーナメント。日本卓球リーグに所属するおよそ30チームから男子・女子あわせて130人あまりが出場しています。初日のきょうはシングルス、ダブルスともに予選リーグが行われ、決勝トーナメント進出を賭けた熱戦が繰り広げられました。松平賢二選手を始め、日本代表としても実績のある選手や、奈良ゆかりの選手たちも多数出場しています。近年、若い選手たちの活躍で日本の卓球は世界的に注目されており、会場には熱心なファンも詰めかけました。

「松平賢二さんと平野友樹さんのダブルスを見たいなと思って 去年のシングルスの優勝と準優勝の2人が組むダブルスなので」
「(トップ選手の試合を)生で見る機会がすごく少ないので、迫力があってすごく楽しいです」

藤井理事長
「日本のトップ選手たちが一堂に会して覇を競います ぜひこのすばらしいプレーを、ジェイテクトアリーナに足を運んで、生で実感していただきたいと思います」

 大会は土曜日まで3日間行われ、あす午後からはダブルスの決勝トーナメントが始まります。

ޗǃer@LINEAJEg