葛城市歴史博物館 発掘 葛城山麓の古墳
5月15日(水) 18時54分

 葛城市内の古墳から出土したさまざまな遺物を集めた企画展がいま、葛城市歴史博物館で開かれています。

 古代、この地域では有力豪族・葛城氏やそれに連なる勢力が栄え、大型古墳から小さな古墳の集まりまで、およそ800の古墳が残っています。今回の展示では、およそ180点の遺物が公開され、大型の古墳から見つかった金銅製の馬具など有力豪族の力を示す豪華な副葬品が並びます。また、中小規模の古墳が連なる群集墳から発掘された遺物も数多く展示されています。葛城地域では鉄の精錬に使われる鉄鎚や鉄鉗といった鍛冶道具が出土しています。鉄を溶かした際に出る不純物が副葬品として納められていた古墳もあり、この地域に鍛冶技術によって栄えた集団がいたことが分かります。この展示は6月30日まで葛城市歴史博物館で開かれています。

ޗǃer@LINEAJEg