春の交通安全県民運動 中高生が安全運転を
5月16日(木) 19時46分

 春の交通安全県民運動にあわせて、桜井市ではきょう、地元の中学生と高校生がドライバーに安全運転を呼びかけました。

 この活動は、桜井中学校と県立奈良情報商業高校の生徒会が警察や地域の人と共同で行ったものです。きょうは、学校から近く、朝の通勤で交通量が多い県道の交差点で、信号待ちのドライバーにチラシなどを配って安全運転を呼びかけました。中でもチラシとともに配られたこのカエルのグッズは奈良情報商業高校の家庭クラブの部員が作ったもので、ドライバーが「事故なく無事カエル」よう願う気持ちも添えられます。啓発グッズを受け取ったドライバーは、生徒らの呼びかけに安全運転への意識を新たにしていました。

ޗǃer@LINEAJEg