JAならけん女性大学 月ヶ瀬で茶摘み体験
5月17日(金) 19時45分

 JAならけん女性大学の受講生が、きょう奈良市の月ヶ瀬で大和茶の茶摘みを体験しました。

 JAならけん女性大学では、農業体験などを通して地域での仲間づくりや女性リーダーの育成を目指しています。きょうは、今年1回目の特別授業として、受講生などあわせて30人が月ヶ瀬の茶畑で大和茶の新芽を摘む体験をしました。参加者たちは、つめを立てずに指の腹で茎をつまむことで、新芽を傷つけずおいしい大和茶につながることを学びました。

参加した人は-
「大和茶を飲んだときに、(茶葉が)商品になる前の姿がわかるので、(茶畑の)風景が浮かんでよりおいしく飲めるかなと思います」

 参加者は、この後、お茶のいれ方を学んだほか工場なども見学しました。JAならけん女性大学では、今後、野菜の保存や調理について学ぶ講座などが予定されています。

ޗǃer@LINEAJEg