奈良女子大学 創立110周年式典
5月18日(土) 19時34分

 奈良市にある奈良女子大学がこの程、創立110周年を迎え、きょう、記念式典が行われました。
 奈良女子大学は女子の教員の養成を目指し、1909年5月、奈良女子高等師範学校として開校しました。
卒業生など約300人が出席した式典では、今岡春樹学長が、110年の歴史を振り返り、「令和の時代も社会のニーズに合わせて、女子大学としての役割を果たしていきたい」と決意を述べました。
 奈良女子大学はこれまで、女子の最高教育機関として多くの優秀な人材を輩出しており、卒業生は国内外の様々な分野で活躍しています。
式典の最後には、能楽部による祝いの舞が披露された他、講演では鉄鋼メーカーの技術部門でリーダーを務める卒業生が、女性の社会進出の変化などについて話し、母校にエールを送りました。

ޗǃer@LINEAJEg