防災タウンページ 県へ寄贈
5月20日(月) 19時29分

 災害時の避難場所や緊急連絡先などを掲載した「防災タウンページ」の2019年度版が完成し、県に寄贈されました。 

 防災タウンページは相次ぐ自然災害を受け、NTT西日本とNTTタウンページが、自身が持つネットワークで防災情報を発信しようと2014年から全国で順次作成しているものです。20ページほどにまとめられた防災タウンページは県内6つのエリアごとに発行され、地域ごとの避難場所のほか、防災への備えや災害に遭遇した時の身の守り方、避難の仕方などが順を追って紹介されています。現在、防災計画の見直しを行っている県は「防災タウンページ」の配布は非常に有効な取り組みであるとし、今後、災害につよい奈良県づくりを進める過程で、担当者と協力して取り組んでいきたいと話していました。

ޗǃer@LINEAJEg