大和郡山市 市民に特別感謝状贈呈
5月21日(火) 20時10分

 90歳を超えた今も文化活動に貢献する二人の市民に対し、大和郡山市は特別感謝状を贈りました。
       
 感謝状が贈られたのは、長田光男さんと鈴木昭一さんです。長田光男さんは、大正14年生まれの93歳。20年以上にわたり、地元の歴史や文化財に関する講座を行ってきました。フィールドワークが専門で、今も近畿各地に受講生と出向き、活発な研究活動を行っています。また、鈴木昭一さんは、昭和2年生まれ。詩人の島崎藤村研究の第一人者として知られる92歳です。市民を対象に、近代文学の講座を10年以上続けてきました。この特別感謝状の贈呈は、講座を受講している市民からの熱烈な希望を受け、今回初めて行われたもので、上田市長は「長年の二人の功績をたたえるとともに、令和の時代も活躍を期待している」とねぎらいました。

ޗǃer@LINEAJEg