熱中症に注意 救急搬送者 4月から20人
5月22日(水) 18時52分

 今年度に入り、 熱中症で救急搬送された人の数が20人にのぼることが県のまとめで分かりました。

 県消防救急課によりますと今年度に入り、初めて熱中症による救急搬送者が出た先月29日以降、20人が熱中症で搬送されました。また、今月13日から19日までの1週間には7人が救急搬送されています。例年と比べると、今のところ救急搬送者数が特別に多いわけではありませんが、奈良市内では既に今月11日、気温が30℃を超える真夏日になっています。県消防救急課では、これから日ごとに気温が上がる見込みであることから、水分補給をこまめに行うなど熱中症対策を呼びかけています。

ޗǃer@LINEAJEg