ユーモアで日本再発見 創作花札の展示会
6月18日(火) 19時42分

 47都道府県をテーマにしたユニークな花札の展示会が、奈良市の県立図書情報館で開かれています。

 「大仏に持たせやりたや花札を」各地の名所や文化を題材にしたこの巨大な花札は、奈良にゆかりのある書家の鈴木悠斎さんが制作したものです。アクリル絵の具で描かれた鮮やかな絵柄には、花札らしく植物が添えられ、さらりと入れた洒落や語呂合わせに、おもわず笑いを誘われます。

書家・鈴木悠斎さん
「絵と書と言葉をうまく調和させる、それが一番大事なところだと思っています」

 全都道府県の創作花札が並ぶこの展示会は、6月30日まで開かれています。

ޗǃer@LINEAJEg