23日(金)

北部
南部

24日(土)

北部
南部
  • ただいま放送中
  • 12:00
  • 大江戸捜査網「おんなの肌は密室の切り札」松方弘樹・夏樹陽子・山田由紀子・南条弘二・島村佳江
  • 次の番組
  • 12:55
  • TVNニュース
奈良のニュース
県の事業見直しめぐり 川西町にスポーツチームの関連拠点など整備へ
2024.02.06 18:26

 県の「大和平野中央田園都市構想」の見直しで、白紙となった川西町の用地に、スポーツチームの関連拠点などを整備する方針が明らかになりました。


 県と川西町などの3町では「大和平野中央田園都市構想」が計画されていました。そのうち、川西町では大規模な大会が開催できるテニスコートや、農園レストランなどが予定されていましたが、山下知事の事業見直しで用地の活用方法については白紙となっていました。6日、山下知事と川西町の小澤町長が会見を開き、用地に、世界的なスポーツチームの関連拠点などを整備する方針で現在調整中であると発表しました。


 拠点では、大会などを通して県内に滞在し宿泊してもらうスポーツツーリズムの促進を図るほか、訪れた留学生と地元の子どもとの国際交流を行うということです。そのほか、工場見学や博物館などの子どもが楽しめる機能を持った企業を誘致する考えも示しました。用地の隣にあるまほろば健康パークとともに子育て世代が喜ぶエリアづくりを目指すということです。

川西町 小澤町長

「子育て世代や子どもにとって魅力的なものになるのか、ということが重要だと思いますので、しっかりと企業とも話をさせていただきながら、町としても一緒になって取り組ませていただきたい。」


 今後は、計画策定や発掘調査などを行う予定だといい、事業費は来年度予算案に盛り込む方針です。