16日(日)

北部
南部

17日(月)

北部
南部
  • ただいま放送中
  • 18:30
  • 日ビ 一流料理人さん!休日食べる激うまメシ教えてください一流料理人たちがオフの日にわざわざ通うお店は絶対に美味しいハズ!ミシュランシェフから超行列店の大将や総料理長などがオススメする全23店舗を一挙大公開します!
  • 次の番組
  • 20:50
  • 家、ついて行ってイイですか?★蒲田発!芸術が爆発する家&新米パパ…涙の奮闘記
奈良のニュース
奈良交通 2024年3月期決算 黒字確保も「乗合事業」は厳しい状況続く
2024.05.16 18:47

 奈良交通は2024年3月期の決算を発表しました。全体の営業利益は2期連続で黒字を確保したものの、収益の柱である「乗合事業」では、厳しい状況が続いています。


 奈良交通によりますと、売上高は前の期よりも12億7,000万円あまり増えて、186億4,700万円でした。

 このうち5割以上を占める路線バスなどの乗合事業収入は、インバウンド需要の増加などもあって104億8,600万円となり、コロナ禍前の水準の9割程度まで回復しています。

 ただ、円安と物価高により人件費や車両の修繕費用が増加したことや、燃料費の高騰などもあって、乗合事業単体では5億6,000万円あまりの赤字となりました。


 一方で、コロナ禍からの回復が進んだ「貸切事業」と、「生活創造事業」で収益を確保できたことで、全体の営業利益は2期連続の黒字となりました。

 奈良交通の森繁久専務取締役は、「円安と原油高に加え、人材不足を喫緊の課題に挙げ、公共交通の使命を果たすために安定した経営に努力する」と語りました。